ひなまつり

ひなまつり
 ひなまつりが近づくと、毎年妻はせっせと小さなひな壇を出し、手作りのひな人形を飾りつける。
 もう孫娘たちはそれぞれ学校生活が忙しいのか自分の家には飾らない。このひな壇の人形たちは、
8年前、妻と娘と孫娘と当時4年生のお兄ちゃんの4人の手作りによるものだ。よく見るといろいろな
工夫がされていて味わいがある。5人囃子の一人は私の顔をイメージして描いたとか・・。
 3月3日の晩はみんな集まってきて、ケーキと紅茶と雛あられでおしゃべりをしたり、歌や楽器で楽し
んだ。昨日高校の卒業式を終えたばかりのお兄ちゃんは、かつて自分も制作に参加した人形や飾りを
なつかしそうに見ていた。 ひな壇は、3月いっぱい、しまわずにおいておこう。
スポンサーサイト
コメント

雛人形

なかなか味わいのある雛人形です。
三月一杯飾り続けようというお気持ちが分かるように思います。
お孫さん達の成長、楽しみですね。

No title

>至誠さん
コメントありがとうございます。
ひな人形も、忙しい本人や親が飾らず、おばあちゃんがやっている情況です。当時10歳だった孫がもう18歳、時のたつのは早いものです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する