子どもたちの成長

チャレンジ ランニング (440x323)
 学校は新学期が始まってひと月が過ぎようとしている。朝の見守りも13年目を迎える。
孫のT君が小学校に入学した時からはじめたので、その彼も大学1年生である。今日も
ぴかぴかの1年生が上級生のお兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒に登校していく。少し緊張
気味の男の子ふたりには新5年生のY君が寄り添うようにして横断歩道を渡っていく。
この間までかわいい1年生だったと思っていたY君も今は背が伸びて頼もしく感じる。
中学校に進んだ先輩たちは、道で会うと挨拶をしてくれたり、ニコッとしてくれる。
子どもたちの成長は目を見張るものがある。それにひきかえ、私の方は年々少しずつ
衰えがきている。子どもたちの安全を見守るため、先日、両眼の「白内障」の手術も無事
終え、視界が広がり、もう少しがんばれそうだ。幸い、まだ私の立つ地点での子どもの
事故はおきていない。気持ちを引き締め、PTAの皆さんといっしょに子ども見守り活動を
続けていこうと思う。                 (校区小学校のマラソン大会 F4)

スポンサーサイト

子育てほっとサロン

P1060940 (440x186)
”子育てほっとサロン”は毎年、若い親たちの子育て支援の一環で大阪狭山市が行なっている
社会福祉事業である。私たちも音楽ボランティアで参加している。平日の午前中なので、私たち
のグループはなんとかやりくりして、今年も2,3歳児の子どもと親たちと音楽を楽しんだ。
小さい子どもは音楽を耳で聴いたり歌ったりするのは勿論だが、目で見て、触って、お母さんの
そばで安心して、雰囲気を楽しむ。親子のリラックスした笑顔があればそれでなかば成功だ。
とはいっても、より良い音楽をと思って、曲も選び、練習もしてきた。歌にでてくる猫や犬やタヌキ
やクマさんのお面も用意した。「七つの子」のカラスになったベースのGさんは、カラスそっくりの
声で鳴いて喜ばせた。子育てをする母親向けの曲「切手のないおくりもの」や「花は咲く」を最後に
やったが、何人かの子は気持ちよさそうに母親の膝の上で眠っていた。子守唄のように今日の
演奏は気持ちよかったのでは?と私たちは”自画自賛”。メンバーはまるで孫をみるように子ども
の様子を見て、ゆるみっぱなしだった。また、来年を楽しみに!

春休みもおわり

20170404_120145 (640x400) (440x275)
20170404_110747 (640x400) (275x440) (2)
 桜も咲き始め、春の陽気がいっぱい! 近くに住む孫のY君は、親が仕事なので我が家に
朝からやってきて来て、遊ぶ予定がないのか手持無沙汰で歌ったり、楽器を弾いたり一人遊
びをしている。そこで、私も少年の頃憧れていた蒸気機関車を見に行くことにした。
 京都の梅小路の鉄道博物館に11時ころ着いて、蒸気機関車から現代の新幹線まで実物を
乗車体験などした。私の小学生の頃は汽車で移動していた。近所に友達のお父さんが機関士
さんをしている人がいて、一度運転席に乗せてもらい操車場を走ったことがある。その時から
しばらくは「将来は機関士になりたい」と言っていたようだ。 今日は春休みもおわりで、小学生
が多い。目を輝かせているのは子どもばかりでない。その父親や、私みたいなおじいちゃんも
みんな楽しそうだ。孫のY君は新幹線の運転シミュレーションの希望者の抽選に外れて、残念
がっていた。 特に男の子は鉄道に憧れを持ち、それが大人になっても心のどこかに宿ってい
て、少年のような気持ちにさせてくれる。 今日は孫ともどもいい♪春休みであった。

霞か雲か それとも霧か

サクラソウ
 先日、白内障の手術をした。実は半年前左目をやり、今回は右目をした。
左目は手術したので良く見えて、右目は10メートル先の人の顔が判別できな
い状態で、小さい文字も楽譜も二重に見えたりして不便であった。手術後、
眼帯を外し、景色を見たらはっきり見えてうれしかった。
ただ、両目とも人工レンズの焦点を遠くにあわせていたので、近くの文字は老眼
鏡をかける。合併症のことも気にはなるが、とりあえず、霞や霧は晴れて、世の中
が良く見えるようになった。妻の顔のシワもはっきり見えて、良かったのかどうか?
 心配していただいたみなさん、お見舞いのメールまでいただいてありがとうござい
ました。これから、好きな本もいっぱい読め、楽譜の読み間違いも少なくなるかな?
                    (  「サクラソウ」 水彩 F6 )

ひなまつり

ひなまつり
 ひなまつりが近づくと、毎年妻はせっせと小さなひな壇を出し、手作りのひな人形を飾りつける。
 もう孫娘たちはそれぞれ学校生活が忙しいのか自分の家には飾らない。このひな壇の人形たちは、
8年前、妻と娘と孫娘と当時4年生のお兄ちゃんの4人の手作りによるものだ。よく見るといろいろな
工夫がされていて味わいがある。5人囃子の一人は私の顔をイメージして描いたとか・・。
 3月3日の晩はみんな集まってきて、ケーキと紅茶と雛あられでおしゃべりをしたり、歌や楽器で楽し
んだ。昨日高校の卒業式を終えたばかりのお兄ちゃんは、かつて自分も制作に参加した人形や飾りを
なつかしそうに見ていた。 ひな壇は、3月いっぱい、しまわずにおいておこう。